マウントハーゲン

産地: PapuaNewGuinea ニューギニア

南太平洋のパプア・ニューギニア、その東部中央に連なる山岳地帯、マウントハーゲンで栽培されたコーヒーです。このコーヒーの苗木はジャマイカ、ブルーマウンテン地区より移植されたものです。ブルマンと同様、苦味が少なく、優雅な香りと口いっぱいに広がる甘味、スッキリとしたキレのある飲み口は、「アジアのブルマン」と呼ばれ通好みのコーヒーです。香りを活かしたブレンドがおすすめです。